リペアファンデーションの使い方

リペアファンデーションの使い方

リペアファンデーション,使い方

 

リペアファンデーションは 特別なテクニックが無くてもくすみや薄いシミなどがカバーしやすく使いやすいファンデーションとしても人気です。

 

パウダーファンデーションは大体使い方がわかるけれども、リキッドタイプのほうは扱いが難しそう、そう思っている方も多いようです。

 

リキッドタイプといっても リペアファンデーションは薄付きでしっかりカバーできるタイプなので、厚く何層にも分けて塗るようなことはしなくて大丈夫です。

 

適量を あご、両ほほ、鼻、おでこにポンポンとのせてから、パフでやさしくのばしてゆきます。

 

リペアファンデーションは下地不要で お顔全体にさっと伸ばすだけでメイクが完了しますので とても扱いが楽です。

 

 

リペアファンデーションのメイクをより完璧にするには

 

より完璧なメイクを目指すには 以下のポイントも参考にしてみてください。

 

 

目の周りやまぶた

 

目の周りなどの 塗りにくい箇所は 少量づつ指の腹でトントンとなじませてゆきましょう。

 

お肌の色ムラが出やすいまぶたも同様に 指を使ってファンデーションを軽く置くようにしてのばしてゆきましょう。

 

 

夏場のテカリ予防

 

夏場などにテカリが気になる際には、ファンデーションは薄く付けるようにしましょう。

 

ファンデーションを指やパフですべらせるようにお肌になじませると、夏場は摩擦によりテカリやすくなりますので、ポンポンとお肌に乗せるようにしてなじませましょう。

 

 

さらなるツヤにリペアジェルを利用

 

リペアリキッドファンデーションは 自然なツヤ感が出やすいファンデーションとして人気ですが、さらにツヤ感を出したいという際には、リペアジェルと混ぜてからお肌につけるという方法もあります。

 

冬場に一番空気が乾燥する時期に さらに保湿効果が必要という際にも この方法が使えますので、試してみてくださいね。

 

 

お肌のお手入れをして少し時間をおいてからメイク

 

メイク崩れや ヨレが気になるという方は、化粧水や美容液でのお肌のお手入れ直後にメイクをするのではなく、15分くらい時間をおいてからメイクをするようにしましょう。

 

基礎化粧品がしっかりとお肌に浸透してからメイクをすることで ファンデーションがよりお肌に密着しやすくなります。