リペアファンデーションの使い方

リペアファンデーションの使い方

 

リペアファンデーション,使い方

 

 

リペアファンデーションは使い方が簡単なことでも人気のファンデーション。

 

特別なテクニックが無くてもくすみや薄いシミなどがカバーしやすく使いやすいファンデーションとしても話題になっています。

 

 

具体的な使い方はとてもシンプル。

 

 

リペアファンデーションは リキッドタイプ・パウダータイプともに お肌にのせてのばしてゆくだけでメイクが完了。

 

使い方がシンプルなだけでなく、美容液などで整えたお肌に そのまま下地無しで使えるので 手軽です。

 

 

 

リペアファンデーションの使い方

 

リペアファンデーションの使い方をご紹介してゆきましょう。

 

 

リペアパウダーファンデーションの使い方

 

リペアパウダーファンデーションの使い方からご紹介します。

 

リペアファンデーション,使い方

 

リペアパウダーファンデーション パフ半分程度が お顔の半分カバー分となります。
(写真は現品サイズ)

 

パフから お肌に優しく滑らせるようにのせてゆきます。

 

この時、お顔の中心から外側にかけてファンデーションをのばしてゆくのがコツです。

 

 

お顔の反対側もリペアファンデーションをのばしたら、小鼻回りなどは 軽くパフでポンポンと押さえておきます。

 

また、首の色と境目ができやすいフェイスラインも 軽くパフで押さえておくようにします。

 

 

一般的なパウダーファンデーションとほぼ同じ感覚で使えると思います。

 

 

リペアリキッドファンデーションの使い方

 

リペアファンデーションのリキッドタイプのほうは 使い方が難しいのでは?と思う方もいるかもしれません。

 

ですが、こちらも簡単です。

 

具体的に使い方をご説明しましょう。

 

 

リペアファンデーション,使い方

 

リペアリキッドファンデーション一回あたりの量は 小豆1粒分程度

 

これを 両ほほ そして 額・あごにバランスよく分けて お肌に伸ばしてゆきます。

 

 

リペアファンデーション,使い方

 

こちらも リペアパウダーファンデーションと同様に お顔の内側から外側に向けて伸ばしてゆくようにしましょう。

 

仕上げに専用スポンジを使って 首との境のフェイスラインや 崩れやすい目の周りなどを軽く押さえます。

 

 

これだけでメイクが完了しますので、使い方がとても簡単ですね。

 

 

>>公式サイトで仕上がり感をチェック

 

 

 

使う目安量が 小豆大一粒分ですので はじめのうちは これだけでお顔をしっかりカバーできるの?と心配になるかもしれません。

 

 

リペアリキッドワンデーションは 伸びが良く、カバー力も優れていますので 薄付きでも大丈夫なのです。

 

 

 

リペアファンデーションを使ったメイクを さらに完璧にするコツもご紹介しましょう。

 

 

リペアファンデーションのメイクをより完璧にするには

 

より完璧なメイクを目指すには 以下のポイントも参考にしてみてください。

 

 

目の周りやまぶた

 

目の周りなどの 塗りにくい箇所は 少量づつ指の腹やパフでトントンとなじませてゆきましょう。

 

お肌の色ムラが出やすいまぶたも同様にファンデーションを軽く置くようにしてのばしてゆきましょう。

 

 

夏場のテカリ予防

 

夏場などにテカリが気になる際には、ファンデーションは薄く付けるようにしましょう。

 

リペアフェイスパウダーを軽くはたいておくのもおすすめです。

 

 

さらなるツヤにリペアジェルを利用

 

リペアリキッドファンデーションは 自然なツヤ感が出やすいファンデーションとして人気ですが、さらにツヤ感を出したいという際には、リペアジェルと混ぜてからお肌につけるという方法もあります。

 

冬場に一番空気が乾燥する時期に さらに保湿効果が必要という際にも この方法が使えますので、試してみてくださいね。

 

 

お肌のお手入れをして少し時間をおいてからメイク

 

リペアファンデーションは メイク崩れや ヨレがしにくいファンデとしても人気ですが、よりキレイに仕上げるためのちょっとしたコツがあります。

 

それは 美容液でのお肌のお手入れ直後にメイクをするのではなく、15分くらい時間をおいてからメイクをするようにするということです。

 

基礎化粧品がしっかりとお肌に浸透してからメイクをすることで ファンデーションがよりお肌に密着しやすくなります。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

リペアファンデーションの使い方と ちょっとしたコツをご紹介しましたが、簡単ですので是非試してみて下さいね。